まぶたが腫れた!

ものもらい,めいぼ,めばちこ…etc. まぶたの「おでき」はいろんな名前でよばれていますが,もっとも多いのは,麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)とよばれる病気です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたにバイ菌がはいって繁殖し,化膿するタイプの「おでき」です。治療せずに放置しておくと,表面の皮(皮膚)が破れて膿 (うみ)がでてきます。すぐに医者にかかれないときには,冷たいおしぼりで,患部を冷やしてみてください。痛みが強いときには,鎮痛剤をのむこと。抗生物 質の点眼薬や,内服が有効ですが,市販の「抗菌薬」とよばれるお薬はほとんど効きません。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まぶたにバイ菌がはいって炎症がおこり,化膿しないで「しこり」をつくるタイ プのおできです。 治療せずに放置しておくと,しこりが硬くなり,自然には退かなくなってしまい,切開手術が必要になることがあります。また表面の皮(皮膚)が破れて,じく じくとなおりにくくなることもあります。 すぐに医者にかかれないときには,(できはじめの時期)冷たいおしぼりで,患部を冷やしてみてください。 慢性的なしこりになったときには,温罨法(おんあんぽう)といって暖める治療が行われる場合も多いようですが,治療を急ぐ場合には,積極的に手術(切開) してもらうほうが直りが早い。

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。