激変する高齢者の血糖コントロール

2016年5月26日

日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会が、2016年5月20日に「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について」を発表しました。今まで年齢や性別など、個人の背景に関係なく正常値や目標値を設定していた血糖コントロールのガイドラインが大きな変貌を遂げました。

厳格な血糖コントロールを患者さんに課すと、しばしば低血糖を起こすリスクがあることは医師の間ではよく知られていた常識でした。高齢の糖尿病患者さんの治療では、その認知機能や身体機能といった個別の条件を考慮して、重症な低血糖を防がなければ、認知症が悪化することも懸念されていた問題でした。しかし、今まで糖尿病学会の治療ガイドラインは患者さんの年齢を考慮していませんでした。

病気の治療に前向きな働き盛りの若い患者さんでは、運動療法に積極的に取り組み、服薬指導をきちんと守り、食事療法に対する意識も高いことが多いので、厳格な治療法を行うことが可能です。低血糖を避けるための指導や処方の変更に対しても柔軟に対応する能力があります。
一方、認知症を発症している高齢者では、運動療法も難しく服薬も守られず、規則的な食事もままならないケースも多いですし、低血糖時の対応を指導しても守れない可能性があります。
同じ糖尿病の患者さんでも、この様にバックグラウンドが異なるグループを画一的に治療することは無理があります。

カスタムメイドの糖尿病治療目標⁈

今回発表された「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」は、次の3つの基本的な考え方で構成されています。

(1)血糖コントロール目標は患者の特徴や健康状態:年齢、認知機能、身体機能(基本的ADLや手段的ADL)、併発疾患、重症低血糖のリスク、余命などを考慮して個別に設定すること。

(2) 重症低血糖が危惧される場合は、目標下限値を設定し、より安全な治療を行うこと。

(3)高齢者ではこれらの目標値や目標下限値を参考にしながらも、患者中心の個別性を重視した治療を行う観点から、表(別表省略)に示す目標値を下回る設定や上回る設定を柔軟に行うことを可能としたこと。

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)では、まず患者さんの特徴・健康状態に応じて大きく3つのカテゴリーに分類されました。その中でも重症低血糖が危惧されるインスリンなどの薬剤の使用の有無で2つに分類(カテゴリーIでは年齢でも2つに分類)して血糖コントロールの目標値を定めています。
高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)
※原文の専門的な用語をわかりやすく意訳し、編集してあります。

カテゴリーI ( 認知機能正常で自立した日常生活が可能)
◆薬剤使用なし→ 7.0%未満
◆薬剤使用あり:
◯年齢 65歳以上75歳未満
7.5%〜6.5%
◯75歳以上
8.0%〜7.0%

カテゴリーII (軽度認知障害~軽度認知症があるが自立して生活できる)
◆薬剤使用なし→ 7.0%未満
◆薬剤使用あり→ 8.0%〜7.0%

・カテゴリーIII(中等度以上の認知症または基本的日常生活能力の低下または多くの併存疾患や機能障害)
◆薬剤使用なし→ 8.0%未満
◆薬剤使用あり→ 8.5%〜7.5%

とされています。

治療目標は、基本的には患者さんの年齢、罹病期間、低血糖の危険性、サポート体制などを考慮して決定します。さらに高齢者では認知機能や基本的日常生活能力、併存疾患なども考慮して個別に設定することになります。そしてその目標設定にあたっては「加齢に伴って重症低血糖の危険性が高くなることに十分注意する」という注意が併記されています。 要は、高齢者の糖尿病治療では画一的なガイドラインに沿って治療するのではなく、患者さんの状況に応じて個別に目標を設定して低血糖を避ける必要があるということです。

敢えて要約すれば、今回出されたガイドラインは、「認知症の進み具合や日常生活能力に合わせて治療目標を加減して、低血糖を避けるように注意しましょうね」ということですね。

白内障の手術治療に際しても、コントロール状況の目安としてHbA1c値は重視されてきました。手術予定患者さんの血糖コントロールが不良の場合、内科主治医からストップがかかったり、逆に眼科から内科主治医に糖尿病治療の強化をお願いするようなケースも多かったのです。これからは、眼科医も糖尿病主治医の意図や目標としているHbA1c値に配慮して手術の適否を決定しなければならないという難しい対応が求められそうです。

 

引用元
糖尿病学会の高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について
http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=66

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
ICL適応検査費用 無料
ICL 手術料金
ICL乱視なしlowジオプター(-3.00D〜-8.50D)両眼¥500,000+税
ICL乱視なしhighジオプター(-9.00D〜-18.00D)両眼¥600,000+税
ICL乱視ありlowジオプター(-3.00D~-8.50D)両眼¥540,000+税
ICL乱視ありhighジオプター(-9.00D~-18.00D)両眼¥640,000+税
※上記規格外のレンズの場合は上記金額に別途¥70,000円プラスとなります。
※片眼の場合は半額となります。
※自由診療のため、健康保険は適用されません。
LASIKレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥200,000+税
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術片眼¥200,000+税
 タッチアップレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥150,000+税
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税

  1. 1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税
    両眼)120,000円+消費税

  2. オルソ作成後の2ヶ月目よりの検診費 毎回5,000円+消費税

  3. 一年半後、レンズ再作成時費用 検査費 7,000円+消費税
    レンズ費1枚 25,000円+消費税

  4. オルソ作成後1ヵ月目検診時にオルソ治療継続希望なしの場合は返金いたします。
    返金金額:片眼)25,000円+消費税
    両眼)50,000円+消費税
    ※一度、度数交換、破損交換していても30日以内はレンズ返品可能。返金時、オルソレンズをお持ち頂きます。

  5. 処方交換(度数やカーブ等の変更)
    処方日より45日以内は1枚につき1回無料。

  6. 紛失、破損時のレンズ費用
    ・紛失の場合 1枚 25,000円+消費税
    ・破損の場合 1回目 10,000円+消費税
    2回目 25,000円+消費税

  7. 詳細は以下のリンク先でご確認ください
    オルソケラトロジー価格表
         
低濃度アトロピン点眼検査費用 3千円+税
低濃度アトロピン点眼 薬費用 1本¥2,500+税
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディフラックスなし片眼¥300,000
フラックスあり片眼¥450,000
フラックスなし両眼¥600,000
フラックスあり両眼¥800,000
( 税別で表示しています)

術前検査費用 5万円
乱視レンズの場合、約300€の
差額が発生します ※海外製品のため
ICRS術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000+税

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。