Q:老眼は治りますか?

A: 残念ながらあなたが45歳以上だと少し手元がみづらい感覚がでます。そして、50歳を超えるようになると、老眼鏡が必要になることが多くなります。
*詳細は個人によって変わりますので、適応検査時に施術医にお問い合わせください。

 

Q:将来白内障などの病気になったらどうすればいいのでしょうか?

A:このレンズの特徴は取り出す事が容易にできることです。 もし、白内障手術や網膜剥離などの手術をすることが起きたら、取り出せます。
つまり、手術前の目の状態に戻すことができるのです。 ここがこのICLの利点です。

 

Q:妊娠・授乳中でも受けれますか?

A: 妊娠、授乳中は視力が変動するので手術はできません

Q:レンズはわかりますか?

A: ICLには孔があるので、そこから光がはいってきて自身が気づくことは稀にあります。
他人からは一切きづかれません。

Q:ハロー・グレアとは?

A:
暗いところで明るいライトなどを見たときに光の周りににじんだ輪が見える現象をハロー(光輪症)といいます。
グレアーは、ギラギラ光ってとても眩しい症状のことをいいます。
施術後数ヶ月気づくことがありますが、自然と気にならなくなることが一般的です。

Q:手術は痛いですか?

A: 特別な目薬の麻酔と、前房内麻酔(術中に眼内に入れる麻酔)をしますので痛みはありません。ただし、術中に眼球をすこし押されるような感覚はあります。
また、ICLを眼内で回転するときにチクッとする感覚を覚えることがありますが問題ありません。

Q: 費用は公的医療保険の対象ですか?

A:公的医療保険の対象ではありません。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください