FAQ

緑内障

緑内障には自覚症状としてどのような見え方の変化がありますか?また、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

「視野の中に見えない範囲がある」「見える範囲が狭くなってきている」などが代表的な自覚症状になります。
緑内障は、目の形を保ったり目の中に栄養を行き渡らせたりしている「房水」という水の循環が悪くなり、眼球内の圧力(眼圧)が高くなることによって、目と脳をつなぐ視神経が障害され、見える範囲(視野)が徐々に狭くなっていく病気です。緑内障が原因で失った視野は取り戻すことはできません。
緑内障は初期ではほとんど自覚症状がなく、自覚症状がでた頃にはかなり病状が進行している場合もあるため、早期に発見して進行を予防していくことが大切です。
40歳以上の20人に1人は緑内障と言われていますので、自覚症状がない方でも、40歳を過ぎたら一度眼科で検査をうけていただくことをおすすめします。点眼、手術などで進行を予防することができます。

Biz
みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.