めがね・コンタクト

めがね・コンタクト

当院では、眼科医が診察する的確かつ安全なめがねとコンタクトレンズの処方をしております。

学童の保護者の方へ

学校保健の視力判定で眼科受診を進められたら的確なめがねを作りましょう。
当院では以下のことに気を付けております。

  • ・度の強いレンズ(過矯正)にすると近視がすすむ
  • ・ちょうどいい完全矯正か少し弱め(低矯正)
  • ・レンズと角膜頂点の距離は12mm

中高年の方

正しい老眼鏡を使用しておりますか?
老眼鏡は遠近両用だけではありません。中近、近々などの老眼鏡もあります。
PC作業の多いこの世の中では中近、細かい作業をするときなどは近々を使い分けるとより、日常生活での目の使い方が楽になります。

コンタクトレンズについて

正しいコンタクトレンズを作成し、装用しましょう
ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズの使用は正しく装用しましょう。コンタクトレンズは高度医療機器に認定されておりますので、安易に眼科の検査を受けずにインターネットなどでの購入はやめましょう。時に重篤な角膜の障害を合併することがあります。

コンタクトレンズの不確かな使用による角膜感染症(真菌:カビ)
  • 装用人口は1500万人以上
  • 日本人の10人に1人以上がコンタクトレンズの経験
  • 若年層ではさらに高い割合
みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.