角膜に関わる治療

項目を選択してください

角膜クロスリンキング

角膜クロスリンキングとは

2003年にドイツで開発された治療法で、角膜にリボフラビン(ビタミンB2)点眼液と365nm波長の紫外線照射を組み合わせて行うと角膜の強度が増し、角膜の大部分を占めている実質コラーゲン繊維が架橋(クロスリンキング)される仕組みです。そのため角膜形状を保持して円錐角膜の進行を抑えることができます。既に15年以上の歴史があり、現在、ヨーロッパ、アメリカでは国の認可を受けたと治療法として年間多くの患者さまが治療されています。

治療の効果

  • 円錐角膜の進行を抑制あるいは停止させることで、眼鏡はコンタクトレンズによる矯正で十分な視力を保つことができるようになる。
  • 進行を抑えるので角膜移植を必要としない可能性が高くなる。

留意点

  • 進行を抑える治療のため、治療後も角膜形状や視力が改善するわけではありません。
  • 治療後、角膜に濁りが生じたり、角膜内皮細胞に障害が出る可能性があります。
  • 10年以上の長期予後については不明。
  • 円錐角膜の進行を全ての方で完全に抑えられるわけではない。(治療しても進行する方がいる)

適応

  • 年齢14歳以上
  • 現在進行している円錐角膜
  • ペルーシド角膜変性症
  • 角膜の厚さが規定値以上である
  • 医原性角膜拡張症

不適応

  • 進行が止まっている円錐角膜
  • 角膜混濁がある
  • 角膜の厚さが規定値以下である
  • 再発性上皮障害
  • ヘルペス角膜炎
  • 角膜移植、緑内障手術、網膜剥離手術などの既往がある
  • 妊娠、授乳中
  • その他、担当医が不適応と判断した場合

治療方法

治療方法

みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.