About

理事長ごあいさつ

今野 公士

インフィニティメディカルグループ 理事長

今野 公士

2021年1月より、近藤眼科は八王子友愛眼科に名称変更いたしました。
医療法人インフィニティメディカルの名称はそのまま継承しております。

当医療法人は、前理事長の近藤義之医師によって、八王子近辺の地域眼科医療への貢献のため2000年に設立されました。 『目が悪くなっていくという不安に、治療によって光が入る』というこの眼科医療は、まさに神に代わる恩寵であると私は考えます。地域の皆様の思いに応えるべく邁進してきた結果、約2万人の患者さまに近藤医師の白内障手術を受けていただき、おかげさまで私たちは“近藤眼科”というブランドへと大きく成長を遂げることができました。
2014年から私が近藤眼科本院院長として就任し、新たに涙道治療や屈折矯正手術を開始いたしました。加齢黄斑変性症や緑内障などの難疾患に対しても、大学病院から豊富な経験と知識をもつ医師を曜日ごとに招聘し、専門性の高い治療をおこなっております。
このような変遷を経て、クリニックでありながらもアイセンターとしての機能を兼ね備え、より高度な眼科医療を身近に提供できるようになりました。
近藤眼科宇津木クリニックも、同時期に “宇津木友愛眼科”に名称変更いたしました。丁寧な診察を心掛けており、地域の患者さまから高い評価をいただいております。
武蔵野眼科も地域医療の最前線で半世紀以上の実績を積んでおり、揺るがない信頼を得ております。
当医療法人は、3つの医院運営および大学病院との密な連携をとることで、最先端かつ最前線の眼科医療を提供いたします。どんな些細なお悩みや疾患でもかまいません。ご不安なことがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

基本理念・方針

logo

あなたが私の家族だったら…
こうしてあげたい

当グループの基本理念は、「あなたが私の家族だったら…こうしてあげたい」という言葉に込められた、患者さま本位の医療サービスです。伝えるべき医療情報をわかりやすく伝えることは、現代の医療サービスの基本であると私たちは考えています。
近藤眼科は糖尿病を中心に内科も併設した総合的なケアのできる眼科を目指し、各分院は地元に愛され、地域の患者さまに寄り添うクリニックを目指しています。
25,000件を超える日帰り白内障手術の実績を誇りに、皆様からのご信頼に応え続け、選ばれる医療機関を追求し続けます。

当グループの特徴

画像1
多くの実績と経験あるスタッフがいます。

前身である近藤眼科の時代から、25,000件を超える白内障の手術実績があります。そのほかにも、緑内障手術・硝子体手術などの内眼手術、眼瞼下垂・ものもらい・翼状片などの外眼手術を数多く行っております。
各種専門外来では、大学病院で研鑽を積んだ経験豊富な医師が診察にあたっています。
また、八王子友愛眼科では週に一度糖尿病内科の診察日を設け、2科で連携して診療を行っております。

画像2
自費治療分野の専門的な治療も受けられます。

QOLを高めるため、一歩進んだ治療を選択したい。そのようにお考えの患者さまも多くいらっしゃいます。
当院では、金額・内容等についてしっかりとご納得いただいた上で治療を受けていただけるよう、ビデオや書類などをご用意し、丁寧で分かりやすい診察・説明を行っております。

画像3
家族視点での治療を心がけています。

私たちは、『すべての患者さまに対して公平に接し、自分たちの家族を思う気持ちと同じ気持ちで誠意を尽くす』をクレドに掲げています。
患者さまはどんなことに困っているだろうか?どうしたら不安をやわらげてあげられるだろうか?医療者としてだけでなく、人としての思いやりをもって、ひとりひとりのお悩みに真摯に向き合います。

沿革

  • 東京都武蔵野市に「武蔵野眼科」開業(近藤キヌエ先生)

  • 東京都八王子市台町に「近藤眼科台町クリニック」開業(近藤義之先生)
    ※八王子市で初めての「本格的な日帰り白内障手術」を開始

  • 近藤眼科宇津木クリニックを開業するため、医療法人社団インフィニティメディカルを設立
    ※無限に成長するようにという願いが込められている

  • 近藤眼科片倉クリニック開業

  • 近藤眼科「メディカルタワー八王子」が落成し、近藤眼科台町クリニックを移転
    同時に近藤眼科に名称変更

    ※八王子市の中心部に移転したことで、診療圏が飛躍的に拡大。また、レーシック手術設備も新設し、多摩地区随一の眼科誕生

  • 今野公士院長就任

    ※レーシック、ICLなどの屈折矯正手術、涙道内視鏡検査、多焦点眼内レンズ手術、
    FLACSレーザー白内障手術、i-Stent手術、硝子体手術など新しい分野の治療が次々に導入された

  • レーザー白内障手術開始

    ※近藤眼科開業25周年のこの年、八王子市内では唯一、多摩地区全域でも2台しか導入されていないフェムトセカンドレーザー手術装置 カタリスを導入し、レーザー白内障手術(FLACS)を開始

  • 3月末 近藤眼科片倉クリニックが宇津木クリニックへ併合

    10月末 近藤義之理事長退任

    11月 今野公士理事長就任 八王子友愛眼科・宇津木友愛眼科へ名称変更

実績

八王子友愛眼科
2020年度外来数 46,126人
2020年度白内障手術件数 1,833件
宇津木友愛眼科
2020年度外来数 7,599人
武蔵野眼科
2020年度外来数 10,642人
2020年度白内障手術件数 162件

各クリニックごとの白内障手術件数の推移

横にスクロールしてご覧ください。

各クリニックごとの白内障手術件数の推移
みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.