今野公士院長:論文

2017年12月19日

1) 杏林アイセンターにおけるIgG4関連疾患治療について

Author富田 茜(杏林アイセンター), 柳沼 重晴, 今野 公士, 慶野 博, 清水 英樹, 軽部 美穂, 福岡 利仁, 平形 明人

Source眼科臨床紀要 (1882-5176)9巻10号 Page871(2016.10)

2) 周術期2%レバミピド点眼液による白内障術前後の眼表面保護効果(原著論文)

Author今野 公士(近藤眼科), 山田 昌和, 重安 千花, 近藤 義之

Source あたらしい眼科 (0910-1810)334Page589-593(2016.04)

3) 副鼻腔炎に合併し急激に失明に至った眼窩蜂窩織炎、眼窩骨膜下膿瘍の1Author

富田 (杏林大学 医学部眼科学教室), 柳沼 重晴, 今野 公士, 松本 祐磨, 渡邊 格, 木村 奈津子, 横井 秀格, 井上 真, 甲能 直幸, 平形 明人

Source 眼科 (0016-4488)565Page655-659(2014.04) 

4) 杏林アイセンターにおけるLACRIFASTの使用経験

Author

須見 有美(杏林大学), 柳沼 重晴, 今野 公士, 平形 明人

Source 眼科臨床紀要 (1882-5176)73Page233(2014.03)

5) 水痘・帯状疱疹ウイルス感染を契機とした眼窩先端部症候群の1

Author

満川 忠宏(杏林大学 医学部眼科学教室), 柳沼 重晴, 今野 公士, 井上 真, 渡邉 敏樹, 気賀沢 一輝, 石田 正, 大石 知瑞子, 平形 明人

Source 眼科 (0016-4488)5513Page1635-1640(2013.12) 

6) Propionibacterium propionicumが原因と考えられた涙小管炎の2症例

Author

広井 愛美(杏林大学医学部附属病院 臨床検査部), 井田 陽子, 米谷 正太, 荒木 光二, 高城 靖志, 大西 宏明, 今野 公士, 渡邊 卓

Source 都臨技会誌 (0910-6065)414Page269-273(2013.11)

7) ベバシズマブ硝子体内投与が有効であった血管新生緑内障をきたした放射線網膜症の1

Author

須見 有美(杏林大学 医学部眼科学教室), 堀江 大介, 今野 公士, 井上 真, 平形 明人

Source 眼科 (0016-4488)5412Page1825-1830(2012.11) 

8) IgG4高値8例の臨床病理学的検討

Author

清水 英樹(杏林大学 第一内科), 吉澤 亮, 福岡 利仁, 平野 和彦, 下山田 博明, 今野 公士, 駒形 嘉紀, 要 伸也, 有村 義宏, 山田 明

Source 日本臨床免疫学会会誌 (0911-4300)354Page378(2012.08)

9) 若年者の白内障に対する多焦点眼内レンズ手術

Author

北澤 世志博(神奈川アイクリニック), 山田 英明, 今野 公士, 安田 明弘, 臼井 正彦

Source IOL & RS (1341-3678)251Page68-74(2011.03) 

10)  IgG4陽性を呈した涙腺炎の臨床学的および組織学的検討

Author今野 公士(杏林大学), 平形 明人, 寺戸 雄一

Source 日本眼科学会雑誌 (0029-0203)115巻臨増 Page221(2011.04)

11) 多焦点眼内レンズ挿入術の術後成績と満足度(原著論文)

Author

高橋 洋子(同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター), 柴 琢也, 高橋 現一郎, 今野 公士, 山田 英明, 北澤 世志博, 臼井 正彦

Source 臨床眼科 (0370-5579)651Page71-77(2011.01) 

12) Epi-LASIKにおける上皮フラップの有用性(原著論文)

Author

山田 英明(神奈川クリニック眼科), 北澤 世志博, 安田 明弘, 今野 公士, 土信田 久美子, 秦 裕美

Source 眼科手術 (0914-6806)234Page591-596(2010.10) 

13) Bioptics;Phakic IOL施行後の追加LASIK検討

Author今野 公士(神奈川クリニック眼科), 山田 英明, 藤原 裕丈, 北澤 世志博

Source 眼科手術 (0914-6806)233Page447-451(2010.07) 

14) 角膜前面トポグラフィーでClaw-shaped Patternを呈する片眼性円錐角膜が疑われた6症例

Author

山田 英明(神奈川クリニック 眼科), 北澤 世志博, 今野 公士, 土信田 久美子

Source あたらしい眼科 (0910-1810)272Page245-251(2010.02)

15) 角膜形状不正眼に使用した角膜内リング(Keraring)の治療経過

Author

安田 明弘(神奈川クリニック 眼科), 今野 公士, 土信田 久美子, 山田 英明, 藤原 裕丈, 北澤 世志博

Source あたらしい眼科 (0910-1810)272Page239-244(2010.02) 

16) 灯油皮膚炎の1

Author

小林 (杏林アイセンター), 工藤 かんな, 廣田 和成, 今野 公士, 永本 敏之, 平形 明人, 満山 陽子, 平原 和久, 多久嶋 亮彦

Source 眼科臨床紀要 (1882-5176)32Page208(2010.02) 

17) Epipolis Laser In Situ Keratomileusis(Epi-LASIK)の臨床成績

Author

山田 英明(神奈川クリニック 眼科), 今野 公士, 高橋 洋子, 土信田 久美子, 秦 裕美, 北澤 世志博

Source あたらしい眼科 (0910-1810)2611Page1535-1542(2009.11) 

18) 軽度円錐角膜に対する虹彩支持型有水晶体眼内レンズの術後成績

Author

山田 英明(神奈川クリニック 眼科), 今野 公士, 陳 光明, 高橋 洋子, 土信田 久美子, 藤原 裕丈, 安部 亨二, 清水 有紀子, 北澤 世志博

Source 眼科臨床紀要 (1882-5176)210Page995(2009.10)

 

19) Wavefront Refractionと自覚的、および他覚的屈折値の差の検討

Author

沢井 秀明(神奈川クリニック眼科 CR-LASIKセンター), 堀 幸帆, 土信田 久美子, 高橋 洋子, 今野 公士, 北澤 世志博

Source 日本視能矯正学会プログラム抄録集 48Page88(2007.11) 

20) 【小児眼科診療疾患特性と診療指針 眼外傷 眼窩外傷 眼窩壁骨折

Author今野 公士(杏林大学 医学部眼科)

Source 眼科プラクティス 20Page242-245(2008.03)

21) 開頭術を併用して腫瘍摘出を行った肺腺癌眼窩転移の1

  • Author

増本 美枝子(杏林大学 医学部眼科学教室), 今野 公士, 忍足 和浩, 樋田 哲夫, 日野 健, 塩川 芳昭

Source 眼科手術 (0914-6806)203Page427-431(2007.07) 

22) 診断に苦慮した内頸動脈海綿静脈洞瘻の1

Author今野 公士(杏林アイセンター)

Source 眼科臨床医報 (0386-9601)1015Page640(2007.05)

 

23) 【糖尿病眼合併症の診療指針 その他の眼合併症 内因性眼内炎

Author今野 公士(杏林大学 医学部眼科)

Source 眼科プラクティス 7Page176-177(2006.01 

24)  緊急手術を要した眼窩下壁骨折の1

Athor

山口 和子(慶応義塾大学 医学部眼科学教室), 野田 実香, 今野 公士, 折原 唯史, 出田 真二

Source 臨床眼科 (0370-5579)599Page1511-1514(2005.09) 

25) 糖尿病網膜症に対する硝子体手術 最近5年間の検討

Author

小田 (杏林大学アイセンター), 今野 公士, 三井 恭子, 川真田 悦子, 平岡 智之, 三木 大二郎

Source 日本眼科学会雑誌 (0029-0203)1099Page603-612(2005.09)

26) 内頸動脈海綿静脈洞瘻に合併した重篤な脈絡膜剥離の治療経験

Author

今野 公士(杏林大学 医学部眼科学教室), 平形 明人, 若林 俊子, 永本 敏之, 鶴岡 一英

Source 眼科手術 (0914-6806)182Page245-248(2005.04) 

27) 外傷性黄斑円孔の特徴

Author

今野 公士(杏林大学), 平形 明人, 高橋 清喜, 田村 智則, 菅本 良治, 樋田 哲夫

Source 眼科臨床医報 (0386-9601)9811Page1027(2004.11) 

28) 増殖糖尿病網膜症における牽引性網膜剥離に対する手術成績 予後不良例の検討

Author

今野 公士(杏林大学 医学部 眼科学講座), 平形 明人, 三木 大二郎, 樋田 哲夫

Source 日本眼科紀要 (0015-5667)543Page211-216(2003.03) 

29) 増殖糖尿病網膜症硝子体手術後の遷延性角膜上皮障害の検討(会議録)

Author齋藤 博(杏林アイセンター), 今野 公士, 平形 明人, 樋田 哲夫

Source 日本糖尿病眼学会誌 (1881-753X)7Page175(2002.0 

30) 若年性腎障害に合併した腎性網膜症の1例

Author

今野 公士(杏林アイセンター), 河原 澄枝, 森村 佳弘, 岡田 アナベルあやめ, 藤原 隆明

Source 眼科臨床医報 (0386-9601)966Page703(2002.06)

31) 白内障術後のMRSA眼内炎の4

Author

木村 (杏林大学 医 眼科), 忍足 和浩, 永本 敏之, 今野 公士, 平形 明人, 樋田 哲夫

Source 眼科手術 (0914-6806)14巻臨増 Page212(2001.01) 

32) クモ膜下出血後の脳血管攣縮におけるearly ischemic lesionの早期検出法について

Author

野口 明男(杏林大学 医 脳神経外科), 今野 公士, 高遠 清太, 飯野 奈央子, 金子 伸幸, 伊藤 宣行, 塩川 芳昭, 齋藤 勇

Source 脳卒中 (0912-0726)221Page136(2000.04) 

33) 聴神経腫瘍摘出時におけるABRモニターについて

Author

飯野 奈央子(杏林大学 医 脳神経外科), 塩川 芳昭, 今野 公士, 島田 篤, 奈良 一成, 野口 明男, 佐藤 栄志, 原 充弘, 齋藤 勇

Source 杏林医学会雑誌 (0368-5829)301Page135-136(1999.03) 

34) 3脳室内に著明に進展したchordoid meningioma1

Author

今野 公士(杏林大学 医 脳神経外科), 野口 明男, 塩川 芳昭, 原 充弘, 齋藤 勇

Source 杏林医学会雑誌 (0368-5829)301Page135(1999.03) 

35) Chordoid meningioma1

Author内ヶ崎 新也(杏林大学 医 病理), 柴原 純二, 藤岡 保範, 今野 公士, 野口 明男

Source 杏林医学会雑誌 (0368-5829)301Page134(1999.03) 

36) Membranous proliferation on the posterior surface of an intraocular lens after Nd:YAG laser capsulotomy.

Author

Konno K, Nagamoto T.

Source Jpn J Ophthalmol. 2005 Mar-Apr;49(2):173-5.

37) Recent outcomes of vitreous surgery for diabetic retinopathy].

Author

Oda H, Konno K, Mitsui K, Kawamata E, Hiraoka T, Miki D.

Source Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 2005 Sep;109(9):603-12.

38)  A prevalence study of IgG4-related ophthalmic disease in Japan.

Author

Japanese study group of IgG4-related ophthalmic disease.

Source Jpn J Ophthalmol. 2013 Nov;57(6):573-9. doi: 10.1007/s10384-013-0266-4. Epub 2013 Aug 7.

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
ICL適応検査費用 無料
ICL 手術料金
ICL乱視なしlowジオプター(-3.00D〜-8.50D)両眼¥500,000+税
ICL乱視なしhighジオプター(-9.00D〜-18.00D)両眼¥600,000+税
ICL乱視ありlowジオプター(-3.00D~-8.50D)両眼¥540,000+税
ICL乱視ありhighジオプター(-9.00D~-18.00D)両眼¥640,000+税
※上記規格外のレンズの場合は上記金額に別途¥70,000円プラスとなります。
※片眼の場合は半額となります。
※自由診療のため、健康保険は適用されません。
LASIKレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥200,000+税
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術片眼¥200,000+税
 タッチアップレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥150,000+税
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税

  1. 1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税
    両眼)120,000円+消費税

  2. オルソ作成後の2ヶ月目よりの検診費 毎回5,000円+消費税

  3. 一年半後、レンズ再作成時費用 検査費 7,000円+消費税
    レンズ費1枚 25,000円+消費税

  4. オルソ作成後1ヵ月目検診時にオルソ治療継続希望なしの場合は返金いたします。
    返金金額:片眼)25,000円+消費税
    両眼)50,000円+消費税
    ※一度、度数交換、破損交換していても30日以内はレンズ返品可能。返金時、オルソレンズをお持ち頂きます。

  5. 処方交換(度数やカーブ等の変更)
    処方日より45日以内は1枚につき1回無料。

  6. 紛失、破損時のレンズ費用
    ・紛失の場合 1枚 25,000円+消費税
    ・破損の場合 1回目 10,000円+消費税
    2回目 25,000円+消費税

  7. 詳細は以下のリンク先でご確認ください
    オルソケラトロジー価格表
         
低濃度アトロピン点眼検査費用 3千円+税
低濃度アトロピン点眼 薬費用 1本¥2,500+税
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディフラックスなし片眼¥300,000
フラックスあり片眼¥450,000
フラックスなし両眼¥600,000
フラックスあり両眼¥800,000
( 税別で表示しています)

術前検査費用 5万円
乱視レンズの場合、約300€の
差額が発生します ※海外製品のため
ICRS術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000+税

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@