先進医療で多焦点眼内レンズ手術が受けられると聞きましたが詳しく教えてください。

2015年5月9日

Q 先進医療で多焦点眼内レンズ手術が受けられると聞きましたが詳しく教えてください。

A 高度な最先端の医療を受ける場合には、一般的に健康保険が適用されない事が多く、全額を患者さんが負担する自由診療となります。これでは患者さんの経済的な負担が大きいと言う理由で、一部の先端医療に対して、「先進医療」と言う枠組みを設定しています。

先進医療に組み入れられた治療法は、「自由診療と健康保険の併用は認めない」と言う健康保険診療の原則の例外として、施術料金のみ自費負担し、その治療に関わる検査に健康保険が使えるようになりました。先進医療では、治療に関わる全額が自己負担である自由診療と比べて、検査料や薬剤費用の負担が減るために新しい技術での治療が受けやすくなります。

現在、多焦点眼内レンズを挿入する白内障手術治療では、先進医療を受ける事ができます。
当院も従来から多焦点眼内レンズ手術を行ってきましたが、2015年3月から先進医療認定施設となり、多焦点眼内レンズの先進医療が受けられるようになりました。

なお、生命保険に加入されていて、〈先進医療特約〉を契約されている方の場合、多焦点眼内レンズ手術も適用されますので、ご確認の上で、生命保険会社にお問い合わせされるようにお勧めいたします。

詳しくはこちらのJSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会) 多焦点眼内レンズウェブサイトもご覧ください

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
近藤眼科(八王子市横山町)LINEでのご相談もはじまりました。友達追加の上ご相談ください。
友だち追加
※24時間、LINE・メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。
返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
※価格はすべて税別となっています。
ICL適応検査費用 無料
手術前検育背用 ¥20,000
レンズ発注手数料¥30,000
レンズ費用片眼¥250,000〜¥390,000
※規格内、規格外レンズで費用は異なります。
LASIKレーシック術前検育費¥20,000
片眼¥195,000
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術術前検育費¥20,000
片眼 ¥200,000
 タッチアップレーシック術前検育費¥20,000
片眼¥150,000
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
初期費用片眼¥60,000
(含まれるもの:初回レンズ、1ヵ月目までの診察料、初期ケアキット)
診察費 ¥5,000/回
※詳しくはスタッフまでお訪ねください。
低濃度アトロピン点眼検査費用 ¥3,000
低濃度アトロピン点眼薬費¥2,500/1本
ICRS(円錐角膜手術)術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディ術前検査費用 ¥50,000
フラックス※なし片眼¥300,000
フラックス※あり片眼¥400,000
乱視レンズの場合、約300€の差額が発生します ※海外製品のため
※FLACS(フラックス):レーザー白内障手術

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
近藤眼科(八王子市横山町)LINEでのご相談もはじまりました。友達追加の上ご相談ください。
友だち追加
※24時間、LINE・メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。
返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。