多焦点眼内レンズ手術は選定医療になります

2019年12月23日

新聞などで報じられておりますが、多焦点眼内レンズを使用する水晶体再建術( 白内障手術 )は、令和2年3月末までで先進医療から除外される事が決まりました。
これに伴って、令和2年4月からは多焦点眼内レンズ手術を受けても先進医療保険が使えなくなります。

4月以降の手術について、その取り扱いが注目されていますが、厚生労働省のホームページでは「選定医療」での多焦点眼内レンズの取り扱い資料が公表されています。
選定医療は病院の差額ベッド料のような仕組みです。選定医療では患者さんの選択( 希望 )によって発生する健康保険との差額を、病院が徴収するようになります。

先進医療では、手術
の全額を患者さんが負担する仕組みでしたが、選定医療の場合に患者さんのお支払いは、多焦点眼内レンズの代金と健康保険での白内障手術代の自己負担分の合計となります。

従来は先進医療保険に加入していない方は、手術当時に先進医療費全額を支払っていただく必要があり、保険会社からの補填はありませんでした。しかし選定医療への導入後は、白内障手術費用には健康保険が適用されますので、支払い金額が低くなる可能性があり、先進医療保険に加入がなかった方にも多焦点レンズがより身近なものになります。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
近藤眼科(八王子市横山町)LINEでのご相談もはじまりました。友達追加の上ご相談ください。
友だち追加
※24時間、LINE・メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。
返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
※価格はすべて税別となっています。
ICL適応検査費用 無料
手術前検育背用 ¥20,000
レンズ発注手数料¥30,000
レンズ費用片眼¥250,000〜¥390,000
※規格内、規格外レンズで費用は異なります。
LASIKレーシック術前検育費¥20,000
片眼¥195,000
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術術前検育費¥20,000
片眼 ¥200,000
 タッチアップレーシック術前検育費¥20,000
片眼¥150,000
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
初期費用片眼¥60,000
(含まれるもの:初回レンズ、1ヵ月目までの診察料、初期ケアキット)
診察費 ¥5,000/回
※詳しくはスタッフまでお訪ねください。
低濃度アトロピン点眼検査費用 ¥3,000
低濃度アトロピン点眼薬費¥2,500/1本
ICRS(円錐角膜手術)術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディ術前検査費用 ¥50,000
フラックス※なし片眼¥300,000
フラックス※あり片眼¥400,000
乱視レンズの場合、約300€の差額が発生します ※海外製品のため
※FLACS(フラックス):レーザー白内障手術

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
近藤眼科(八王子市横山町)LINEでのご相談もはじまりました。友達追加の上ご相談ください。
友だち追加
※24時間、LINE・メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。
返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。