涙道内視鏡涙目(鼻涙管狭窄症)の手術治療について

いわゆる涙が溜まる症状は、涙の通路(鼻涙管)の通過障害が原因となることがあります。
ほとんどの眼科では様子をみるだけで終わってしまいますが、当院では涙道内視鏡を用いた日帰り手術(時間10分)を年間200件施行し、8割が改善する好成績を出しています。
また、先天鼻涙管閉塞の加療にも対応しています。

詳しくは、こちらの記事もご覧ください。なみだめ(流涙)の病態と手術

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください