FAQ

白内障 レーシック

白内障の手術後にかなりの左右差があり、レーシック( LASIK )で治せると言われましたが、詳しく教えてください。

A. 左右の屈折度数(近視や遠視補正のための眼鏡レンズの度数 )が大き過ぎると、網膜に映る画像の大きさが違い過ぎて、眼鏡での補正ができないとか、目が疲れるなどの障害が発生することがあります。これを不同視(ふどうし )と言います。

不同視を解消するためには、コンタクトレンズを使う補正方法がベストなのですが、白内障手術を受ける様な年代の方にはお勧めしにくいのが実情です。

この様な場合に、レーシックの技術を応用して両眼の度数を揃える、タッチアップと言う方法があります。
一般に、タッチアップは、レーシックよりも安価で提供されていますので、不同視でお悩みの場合には当院にご相談ください。

タッチアップは、白内障手術後に乱視の度数が強いために眼鏡が処方しづらいようなケースでも利用可能です。
また、多焦点眼内レンズを挿入されている方で、裸眼視力が悪く満足度が低いような場合の補正にも応用されています。

全ての患者さまがタッチアップの適応になるとは限らないのですが、裸眼視力が低い為にお悩みの方は、是非ご相談ください。

みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.