黄斑変性

黄斑変性

黄斑変性とは

高齢者に発症しやすい病気で、加齢によりモノを見る中心部である黄斑(おうはん)に障害が生じ、視力が低下する病気です。

症状

下記のような症状を自覚されます。

見たい部分がゆがんで見えます

見たい部分が黒くなって見えます

見たい部分がぼやけて見えます

見たい部分が不鮮明に見えます

原因

黄斑変性を来す原因の一つに血管内皮増殖因子:けっかんないひぞうしょくいんし(VEGF)があります。
これは眼の奥の網膜(もうまく)のさらに下の脈絡膜(みゃくらくまく)という場所で、新生血管(しんせいけっかん)という破れやすくもろい血管の増殖や、網膜内の毛細血管から漏れ出す血液成分によって黄斑に浮腫(むくみ)を引き起こし、視力低下が生じます。その原因となる物質がVEGFと言われています。
原因

治療

硝子体内注射と呼ばれる、定期的に眼球内へ薬剤を注射する抗VEGF治療です。
これはVEGFの働きを抑える薬剤を眼の中に注射することで、病気の進行を抑制する治療法です。この治療は通院で行えます。
抗VEGF治療は、一旦症状がよくなっても再発することがあります。気付かないうちに症状が進行して、視力が低下したり、見えにくい範囲が広がることもあるため、定期的な検査・診察・治療が必要です。

適応疾患

現在、抗VEGF治療は下記の疾患で適応となっております。
疾患ごとに様々な病状がありますので、専門医としっかりご相談後に治療を開始していただいております。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫

証網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫書

糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫

糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫

病的近視による脈絡膜新生血管

病的近視による脈絡膜新生血管

当院での治療スケジュール

眼の奥の状態が安定するまで1ヶ月に1回、連続して注射を行います。
その後も、定期的に診察を行いながら注射を続ける必要があります。
なお、治療の間隔は眼の奥の状態に応じて調節される場合があり、当院では治療間隔を患者さまの状態に合わせて延長あるいは短縮しています。
詳細は担当医とご相談頂きます。



治療間隔の一例(注射を行う間隔)

4週間→6週間→8週間→10週間→12週間
※上記のように少しずつ注射をする間隔を広げていきます。この期間は、注射日とは別に診察に来院頂きます。

当院での治療スケジュール
みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.