重要なお知らせ

眼瞼下垂(がんけんかすい)手術方法と効果について

2016年4月8日

眼瞼下垂について

眼瞼下垂は瞼を吊り上げている眼瞼挙筋(図1)の作用が衰えて発生する病気です。発生原因には様々なものがありますが、老化現象によるものが多く、特別な疾患ではありません。

図1
図1

一般的な眼瞼下垂の手術療法

手術を行い、眼瞼挙筋を短縮したり瞼板への接合部を移動したりして、筋肉の作用を増強します。このような手術方法では瞼の皮膚や瞼の裏側の結膜を切開する必要があります。このため、瞼が腫れる期間が長くなったり、手術の効果が安定するまでに時間がかかったりします。

瞼板通糸法による手術

瞼坂通糸法では、上瞼を裏返して結膜から眼瞼挙筋に針を通してから再び瞼板に糸を通糸し、その糸を結膜側に引き出して結びます(図2)。この操作により、図3のように眼瞼挙筋を縫い縮めたのと同じ効果が発現します。

図2
図2
図3
図3

瞼板通糸法のメリット

瞼坂通糸法では、皮膚も結膜も切開する必要がありませんので、出血が起こりにくく、腫れも少なくて済みます。また、手術が簡単で短時間で行え、腫れが少ないので、当日の眼帯が必要ないという利点があります。また、手術の効果を確認し、修正しながら、手術操作を進めていくので、術後すぐに効果を確認することができます。

 

瞼板通糸法のデメリット

板通糸法では、瞼の皮膚に切開を加えないので、腫れが少ない反面、老化現象で瞼の皮膚がたるんでいる場合(加齢性眼瞼皮膚弛緩症)には皮膚のたるみが強くなることがあります。
また、瞼板に加わる糸の効果で瞼板が内向きにたわんで逆まつげの状態になることがあります。このような場合には追加の手術が必要になる場合があります。

瞼板通糸法の副作用

眼瞼下垂手術全般に言えることですが、手術の効果が強すぎれば、目が閉じにくくなり眼球が乾燥しやすくなります。
また、瞼板通糸法独自の副作用として、瞼の裏側の糸の刺激によってゴロゴロしたり、瞼の裏側(眼瞼結膜)に眼脂がこびりつき角膜に傷がつくことがあります。これらの副作用は、点眼を使用したり、処置で治ります。

眼瞼下垂手術の注意点

また、この手術は左右の瞼の開き具合を完全に調整できるものではありませんので、瞼の開き具合に差が出ることがあります。

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
ICL適応検査費用 無料
ICL 手術料金
ICL乱視なしlowジオプター(-3.00D〜-8.50D)両眼¥500,000+税
ICL乱視なしhighジオプター(-9.00D〜-18.00D)両眼¥600,000+税
ICL乱視ありlowジオプター(-3.00D~-8.50D)両眼¥540,000+税
ICL乱視ありhighジオプター(-9.00D~-18.00D)両眼¥640,000+税
※上記規格外のレンズの場合は上記金額に別途¥70,000円プラスとなります。
※片眼の場合は半額となります。
※自由診療のため、健康保険は適用されません。
LASIKレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥200,000+税
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術片眼¥200,000+税
 タッチアップレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥150,000+税
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税

  1. 1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税
    両眼)120,000円+消費税

  2. オルソ作成後の2ヶ月目よりの検診費 毎回5,000円+消費税

  3. 一年半後、レンズ再作成時費用 検査費 7,000円+消費税
    レンズ費1枚 25,000円+消費税

  4. オルソ作成後1ヵ月目検診時にオルソ治療継続希望なしの場合は返金いたします。
    返金金額:片眼)25,000円+消費税
    両眼)50,000円+消費税
    ※一度、度数交換、破損交換していても30日以内はレンズ返品可能。返金時、オルソレンズをお持ち頂きます。

  5. 処方交換(度数やカーブ等の変更)
    処方日より45日以内は1枚につき1回無料。

  6. 紛失、破損時のレンズ費用
    ・紛失の場合 1枚 25,000円+消費税
    ・破損の場合 1回目 10,000円+消費税
    2回目 25,000円+消費税

  7. 詳細は以下のリンク先でご確認ください
    オルソケラトロジー価格表
         
低濃度アトロピン点眼検査費用 3千円+税
低濃度アトロピン点眼 薬費用 1本¥2,500+税
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディフラックスなし片眼¥300,000
フラックスあり片眼¥450,000
フラックスなし両眼¥600,000
フラックスあり両眼¥800,000
( 税別で表示しています)

術前検査費用 5万円
乱視レンズの場合、約300€の
差額が発生します ※海外製品のため
ICRS術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000+税

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。