まぶたに関わる治療

霰粒腫(ものもらい)について

マイボーム腺と呼ばれるまぶたにある脂の分泌腺の出口が詰まり、炎症が治らない結果、しこりが出来る病気です。
治療は日常のケアから外科的手術まで、来院時期や経過、病気の進行度によって異なります。

霰粒腫について

霰粒腫(ものもらい)の治療方法

リッドハイジーンによる治療(まぶたのお手入れ)

霰粒腫は、洗髪や洗顔と一緒で眼のまわりを毎日清潔にすることがとても大切です。
最近ではデモデックスと呼ばれる顔ダニの一種が悪さをしていると言われています。
当院では、ティーツリーというアロマの成分からできた洗眼液で適切に洗眼していただくリッドハイジーン治療をオススメしております。

参考:LIME研究会

LIME研究会HPより転載

霰粒腫の手術治療

局所麻酔で行う15分程の日帰り処置です。まぶたを切開して、しこりや膿を出し、傷口を縫って終了です。
傷口は術後1週間程で目立たなくなります。

手術前

手術

手術後1週間(抜糸後)

手術
手術

小児の霰粒腫の治療方法

1〜2年で吸収されることもありますので、上記のリッドハイジーンや点眼薬で気長に様子をみていただいている方も多くいらっしゃいます。手術はお子様に多大なストレスを与えますので、どのような治療を受けさせるかは保護者様に決めていただいております。
当院では適応があれば、局所麻酔で手術を行っております。全身麻酔での手術が必要な場合は適切な施設へご紹介となります。

小児の霰粒腫についてもっと詳しく知りたいという方はこちら(外部ページ:野田実香まぶたのクリニック)をご覧下さい。

霰粒腫の新しい治療法

IPL

最近では皮膚科領域のフォトフェイシャルで使用する装置を使用したIPLという治療も、霰粒腫に効果があると言われています。特殊なフラッシュで霰粒腫の原因の1つであると考えられているデモデックス破壊を期待する治療です。当院では新しいドライアイ治療としてもこの治療をおすすめしております。お困りの際は一度ご相談下さい。

IPLはドライアイを治療するための専門機器です。

初診時

IPL照射から1週間後

2回目のIPL照射後

※6歳 女児
※保護者の許可を得て掲載
※経過には個人差があります

IPL照射前

1回目のIPL照射後

3回目のIPL照射後、3週間

4回目のIPL照射後、1週間

※19歳 女性
※本人の許可を得て掲載

初診時

IPL1回目照射後

IPL2回目照射後

IPL3回目照射後

※9歳 男児
※保護者の許可を得て掲載

みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.