2/24 第7回 眼科セミナーin多摩に今野院長と視能訓練士(ORT)で小児の色覚診療の講義をメインに聞いてきました。

近年小児の色覚検査依頼が増えています、私生活や学校生活や授業の際に気がつき、眼科での詳しい検査をご希望の患者様が外来にいらっしゃいます。

年齢が高くなる程、患者様ご本人が気がつき相談にいらっしゃる事は多いですが、小児(小学校低学年まで)の場合は、周囲が気がつくケースが多いです。

来院されるご家族様は色覚異常だからとモノクロに見えていると感じる方が多いですが、モノクロの世界という訳でないのです

しかし、特に注意するべきは、進路選択の時期のお子様です。

弱度の色覚異常でもなれない職種があります。

専門学校へ入学してから色覚異常に気がつき、その職種を諦めるケースもあります。

それを防ぐ為にも気がついたら、担任や保健の先生、そして眼科に相談して下さい。
現在近藤眼科グループの視能訓練士(ORT)は13名います。4月には新人さんを迎え15名体制になる予定です!

日々学会やセミナー、院内勉強会で知識を深め外来の検査に活かしています。

スタッフ M

 

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください