あたらしく検査機器を導入しました

患者さまの症状を見逃さず、お待たせしにくいように最新機器を導入いたしました。

california-%e5%86%99%e7%9c%9f
① 本機械は一回の撮影で画角200度の範囲を撮影するので、従来の検査機器では観察困難な眼底周辺部の病変も
見逃さずに捉えることが可能です。

②  本機械は 画角 200 度、眼底の 80%以上の領域を無散瞳、非接触で撮影します。
卓上型のコンパクトな筐体で設置場所を選びません。
4 種類のレーザー光源を備え、疑似カラー画像、レッドフリー画像、レッド画像、自発蛍光(AF)画像、
フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)画像、インドシアニングリーン蛍光眼底造影(IA)画像を 1 台で撮影できます。

機器の特徴

california-%e5%86%99%e7%9c%9f-on-a-table・超広角走査レーザー検眼鏡
・超広角眼底像を無散瞳・非接触で撮影
・画角200度で眼底の約80%の領域をカバー
・高解像度画像を1回0.4秒未満で取得
・疑似カラー、レッドフリー、レッド、AF、FA、IA画像が1台で

取得可能

・血管造影切替えモードでFA、IA画像両方の取得が可能

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください