加齢黄斑変性症の治療法に関する記事が、5月31日付の朝日新聞に掲載されています。

加齢黄斑変性症の治療法に関する記事が、5月31日付の朝日新聞に掲載されています。
50歳以上に多く失明の恐れも 黄斑変性 薬で視力維持」というタイトルで、病気の成り立ちや症状、治療法がわかりやすく紹介されています。
この記事の取材に武蔵野眼科の黄斑外来専門医の山本亜希子医師( 杏林アイセンター黄斑外来 非常勤講師 兼任)が要請を受け、眼内注射療法のイメージ画像撮影に協力させていただきました。小さな画像ですのでわかりにくいかもしれませんが、清潔な環境で十分な消毒を行い、安全性を高めた施術である様子がご理解いただけると思います。

山本亜希子医師の診察は、武蔵野眼科、近藤眼科本院でもご予約を承ります。

http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12964064.html

フォローお願いします

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、入力フォームよりご連絡ください