FAQ

白内障

私は近視で眼鏡をかけていますが、白内障手術を受けることになりました。近視の人は手術の時に近視を残すようにした方がいいと言われました。裸眼で遠くが見えるようにしたいのですが可能ですか?

A.近視の方も、両眼とも手術を受ける予定であれば、遠方が見えるようにすることができます。
その場合には、術後はこれまでの生活とは異なりハッキリと老眼を自覚する状態になりますので、読書用の眼鏡(老眼鏡)が必要になります。

しかし、現在近視の眼鏡を掛けている方の場合は、近視を残す方法が無難です。

長年にわたって『遠くを見るときは眼鏡で、近くを見るときは裸眼で』という生活に慣れていると、手術をして見え方がこれまでと丸っきり変わってしまうことにより、脳が混乱して生活に支障が出ることもあるためです。
特に、片眼の視力がまだ正常で、悪い方の片眼だけの手術しか予定していない場合には、手術しない方の眼はそのまま近視が残ることになります。

左右の眼で度数が違いすぎると、物の大きさが左右で違って見えたり、眼精疲労の原因になったりすることもありますので、手術する方を近視に合わせて左右のバランスをとるようにすべきです。

また、保険適用での手術に比べ高額にはなりますが、遠くも近くも裸眼で見ることのできる『多焦点眼内レンズ』を使うという方法もあります。

術後の生活を快適なものにするために、手術の前には医師とよく相談しましょう。

25000件以上の手術実績を誇る当院の白内障手術25000件以上の手術実績を誇る当院の白内障手術

みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.