FAQ

飛蚊症

治療の後で起こる副作用や変化について教えてください

充血など、レーザー照射に直接関係ない変化について

ビトレオライシスでは、瞳孔を広げ点眼麻酔処置後に眼底観察用のレンズを角膜に長時間当てて治療を行います。このため、角膜の表面に軽い傷が発生し、しみる感じや異物感を自覚する事があります。また、一時的な充血が起こることがあります。 

レーザー照射に伴う変化について

レーザー照射後に眼圧が高くなる可能性がある事が知られています。特に緑内障で点眼治療を受けている方は施術後の眼圧変化に注意が必要です。当院では、施術後30分後に眼圧の検査を行っています。
施術翌日以降に眩しいとか霞むなどの症状を自覚するようであれば、ご連絡ください。

施術後に、飛蚊の数が増える事があります。

レーザービトレオライシスは、飛蚊症の原因となっている硝子体中の混濁物をレーザーで崩して目立たなくする治療法ですが、混濁物を直接溶かすのではありません。細かく崩すことによって、硝子体線維の固まりがほぐれるように誘導する治療です。
このため、硝子体混濁は治療後に細かい混濁に分散されますので、飛蚊の数が増えることがあります
一定期間、経過観察の後にほぐれない混濁物が残るようであれば、追加処置を行います。

硝子体の変化に伴う網膜の異常について

ごく稀ではありますが、治療の効果によって、硝子体が急激な収縮を起こす可能性があります。
この場合、視界の中で光が走ってみえる「光視症」と呼ばれる症状や網膜が牽引されて網膜に傷が発生する可能性があります。施術前の検査でチェックを行っておりますが、光視症や飛蚊症の急激な悪化を自覚した場合には、眼底検査を受けていただく必要があります。

みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.