FAQ

  • ICL

    費用は公的医療保険の対象ですか?

    A. 公的医療保険の対象ではありません。

  • 飛蚊症

    治療が行えるのはどのような飛蚊症ですか?

    A. この治療はレーザーを使って硝子体混濁( 眼球内の硝子体の濁り )を消す、あるいは目立たなくするための治療方法です。主にワイスリングが原因と思われる飛蚊症に有効であると言われています。したがってワイスリングが原因であるようなリング状や太い紐状の濁りに有効です。

  • 飛蚊症

    ワイスリングとはどのようなものですか?

    A. ワイスリングは、硝子体混濁の一種で、輪状または輪状の物がねじれたり切れた形をしています。元々は眼底の視神経の部分に付着していた繊維で、この状態では飛蚊症を自覚することはありません。硝子体が網膜から剥がれる硝子体剥離と呼ばれる変化が眼内で起こると、硝子体混濁となり、飛蚊症を起こすようになります。

  • 飛蚊症

    ワイスリング以外の場合には治療はできませんか?

    A. 程度によりますが、ワイスリングの破片やその他の紐状の混濁は治療できる可能性があります。点状の飛蚊症やベール状の濁りには効果がありません。また、飛蚊症が視界の端にある場合にはワイスリングであっても治療できない場合があります。

  • 飛蚊症

    どのような場合に治療ができないのですか?

    A. この治療はレーザー光のエネルギーを眼内に導き行う治療ですので、角膜や水晶体、硝子体に強い混濁があると治療が行えません。また、長時間にわたり治療を行いますので、体調不良などで姿勢を保てない場合、眼球の動きが激しい場合には治療が行えません。

  • 飛蚊症

    ワイスリングが原因の飛蚊症であっても治療できない場合があるのですか?

    A. ワイスリングは、硝子体剥離という眼内の硝子体の変化に伴って発生する硝子体混濁のひとつです。硝子体剥離の初期にはワイスリングが発生しても、網膜からの距離が近いために治療が行えないことがあります。

  • 飛蚊症

    白内障があると施術は受けられませんか?

    A. レーザー光の通過を妨げるような白内障があるとレーザーのエネルギーが減衰してしまいますので照射するレーザーのエネルギーを大きくしなければなりません。このような場合には、水晶体や網膜に悪影響が出る場合もあります。白内障の手術を受けると飛蚊症に変化が生じて飛蚊症が気にならなくなる方もいらっしゃいます。白内障を合併している場合には先に白内障手術を受けられるようにおすすめいたします。

  • 飛蚊症

    以前、網膜剥離のために眼底のレーザー治療を受けていますが、飛蚊症治療は可能ですか?

    A. 網膜剝離裂孔といって網膜の傷が生じ、その周囲の網膜剝離が軽度の場合には剝離部の周囲にアルゴンレーザーを照射して網膜を焼き付けて網膜剥離の進行を防止します。このような治療が行われていてもレーザービトレオライシスの治療は可能です。

  • 飛蚊症

    治療に健康保険は適用されますか?

    A. 現在この治療および治療後の診察については健康保険は適用されません。自由診療(自費診療)になります。

  • 飛蚊症

    治療にかかる費用はいくらですか?

    A. 初回の治療費用は片眼15万円(税別)です。これには2回目までの治療費用が含まれます。3回目以降の治療費用は3万円(税別)とさせていただいております。検査および診察料は毎回5千円(税別)となります。なお、飛蚊症の検査のための初診での診察には健康保険が適用されます。

1 2 3 4 5
みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.