FAQ

  • レーシック

    老眼年齢の方がレーシック( LASIK )などの屈折矯正手術を受けることは意味がないのでしょうか?

    A.老眼年齢に入った方や老眼がそろそろ始まりそう…と言う年齢の方のレーシックの適応は、その方のライフスタイルによると思います。

  • レーシック

    近視の人がレーシック( LASIK )を受けると老眼が進むと言うのは本当ですか?

    A. 老眼は水晶体のピント調節力が低下する加齢現象で、性別や遠視や近視などの屈折異常とは関係なく、老眼年齢になると始まってきます。しかし、近視で眼鏡をかけている方が老眼になってきても、眼鏡なしで手元が見えるので、あまり不自由を感じません。近視と老眼がある方は、近視のために老眼が打ち消され、隠されてしまうので、眼鏡を外せば手元の字を読む事ができるからです。

  • 白内障 レーシック

    白内障の手術後にかなりの左右差があり、レーシック( LASIK )で治せると言われましたが、詳しく教えてください。

    A. 左右の屈折度数(近視や遠視補正のための眼鏡レンズの度数 )が大き過ぎると、網膜に映る画像の大きさが違い過ぎて、眼鏡での補正ができないとか、目が疲れるなどの障害が発生することがあります。これを不同視(ふどうし )と言います。

  • 眼瞼下垂

    眼科の病気の治療で健康保険が適用されない場合があると聞きましたが、どう言うことですか?

    A. 分かり易いように眼瞼下垂や眼瞼内反の治療を例にとって説明してみます。

  • ドライアイ レーシック

    レーシック( LASIK )後のぼやけはどの位続きますか?

    A. レーシック後のぼやけは、いくつかの原因が考えられます。その原因によってもぼやけて見える期間が異なりますので、原因別に回答します。

  • ドライアイ

    ドライアイだと言われています。点眼を処方して貰っていますが、あまり調子が良くありません。点眼以外の治療法について教えてください。

    A. 一般にドライアイは涙の分泌量が少なくなる病気と考えられていますが、実は涙が少なくなる分泌減少タイプの他に角膜の表面の水分の蒸発が過剰になる蒸発過剰タイプや、その両方が関係しているタイプもあります。

  • オルソケラトロジー

    近視矯正方法には、レーシック( LASIK )の他にオルソケラトロジーがありますが、違いや特徴を教えて下さい。

    A. 簡単に説明すると、オルソケラトロジーは夜間にコンタクトレンズを装着して寝て日中にコンタクトレンズなしで生活する矯正方法です。効果は一時的なので、装用を中止すれば、元に戻ってしまいます。また、コンタクトレンズを使用する矯正方法なので定期的な検査を受け続ける必要があります。

  • レーシック オルソケラトロジー

    コンタクトレンズを使う近視矯正のオルソケラトロジーは、税金の医療費控除が受けられるそうですが、同じ自費診療のレーシックはダメですか?

    A. レーシック手術も医療費控除の対象になります。

  • 飛蚊症

    視界のなかに黒っぽい濁りのようなものが見える

  • ドライアイ

    ドライアイの最新治療(IPL)について教えてください。

    A. マイボーム腺機能を回復させる事で涙液の蒸発を抑えるドライアイ治療法が注目されています。2020年7月 日放送のNHKの番組「ガッテン!」でも取り上げられていました。

1 2 3 4 5
みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.