ICLは、眼の中にレンズを埋植することで屈折異常を矯正する方法で、角膜を削らない屈折矯正手術です。

対象は21歳から45歳まで

5つの特徴

1.色鮮やかな見え方

角膜を削ることなく眼内のレンズで近視を矯正するため、コントラスト感度の低下がないため、色鮮やかな見え方を実感できます。

見え方01

2.幅広い矯正範囲

角膜を削ることができない「強度近視の方」「角膜厚の薄い方」「角膜形状不正の方」にも利用できます。

※術前検査の結果により、利用できない場合があります。

3.長期安定性

1997年から欧州で開始し、世界70ヵ国以上で400,000眼以上に使用されています。初めて埋植されてから17年以上の長期実績があります。

 

4.ドライアイスリスクの軽減

角膜を削る屈折矯正と比較して切開創が小さいため、術語ドライアイの発症するリスクを軽減します。

 

5.紫外線ブロック

レンズに紫外線吸収剤が含まれているため、紫外線A波・B波をブロックできます。(サングラスの代わりにはなりません)

 

手術方法

角膜を削らない屈折矯正手術です。

3mmの切開創から挿入します。

3mmの切開創から挿入します。

ICL02

眼内でゆっくり広がります

ICL03

支持部を虹彩の後ろに挿入します

ICL04-01

アイシーエルを毛様溝に留置します

ご相談はお気軽に。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、入力フォームよりご連絡ください