老眼年齢の方がレーシック( LASIK )などの屈折矯正手術を受けることは意味がないのでしょうか?

Q老眼年齢の方がレーシックなどの屈折矯正手術を受けることは意味がないのでしょうか?

A 老眼年齢に入った方や老眼がそろそろ始まりそう…と言う年齢の方のレーシックの適応は、その方のライフスタイルによると思います。

眼鏡やコンタクトレンズを常に使わないと遠方が見えない、中・高度近視の方で、手元の細かい作業の必要のない方はレーシックを受けると裸眼で過ごす時間がかなり長くなりますので、メリットは大きいはずです。

また、老眼を有する遠視の方は、遠方を見るにも近方を見るにも常に眼鏡を必要とします。この様な場合には、レーシックを受ければ遠方用の眼鏡が必要なくなるので、眼鏡に依存する時間は短くなります。また、軽度の遠視の方は、遠視がなくなると、中間距離が楽に見えるようになる可能性があります。

レーシック手術は、若い近視の方のためのもの…と言うイメージがあるかもしれませんが、実はシニア層にもメリットがあり、お勧めできる治療法なのです。強い近眼の方で近眼を軽くしたり、遠視の方や、乱視が強いために遠方にも近方にも眼鏡を必要としている方で遠方用の眼鏡を外すことができるようになるからです。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください