重要なお知らせ

新しい緑内障手術と白内障手術の併用について

2018年8月24日

新しい緑内障手術と白内障手術の併用について

2018年から白内障手術の際に併用して行う緑内障手術方法が、健康保険適応の手術として認可されました。この手術について解説します。

Q どの様な手術ですか?

A 厚生労働省が認めた正式な名称は「水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術」となっています。これは、眼圧を下げるために水晶体再建術(白内障手術 )と同時に行う緑内障手術治療で、眼内ドレーン( ステント )と呼ばれるチタニウム製の器具を眼内液の排水部に埋め込み、眼内液の排出を促進して眼内圧を下げることを目的に行われる手術です。

眼内には本来、眼内圧を調整するための機構として線維柱帯と呼ばれるフィルター機能を持った排水口があります。緑内障の原因のひとつに、このフィルターに目詰まりが起きて眼圧の調整が出来なくなることがあります。従来はこのフィルター部分の目詰まりに対して、この部分を切開する「流出路再建術」という手術が行われてきました。しかし流出路再建術を行うためには、手術時間が長くかかり、また比較的大量の出血を伴うために術後に視力が回復するまでの時間が長くなる欠点がありました。このため、白内障手術と同時に行う緑内障手術には問題がありました。
これに対し、眼内ドレーンを挿入する手術は、単独の白内障手術の一連の操作の途中で行えるため、他の緑内障手術を併用する場合よりも短時間で行うことが可能で、白内障手術との併用が推奨されています。

Q 治療に使うステントはどのようなものですか?

A 緑内障治療のための眼内ドレーンに使うステントは、iStent ( アイステント )と呼ばれ、眼内に留置される器具です。iStentは眼内の排水溝に相当するシュレム管内に挿入して固定するための先端の尖った本体部分とシュノーケルと呼ばれる吸入口で構成されています。図参照

Q iStent の手術を受けるためには、どの様な条件必要ですか?

A
この治療は、水晶体再建術と同時に行うことが健康保険適用のための条件となっていますので、治療が必要なレベルの白内障であると診断されていることが必須条件です。

また、緑内障としては、「軽度から中程度の視野障害が既に生じている緑内障である」と診断されている必要があります。更に、点眼薬による緑内障治療が行われて
いることが必要です。
健康保険の適用のためには、この様な厳しい制限があり、すでに治療薬が処方されている緑内障治療中の患者さんで、白内障の手術が必要となった方が対象になります。

Q 手術の効果はありますか?

A 当院の手術では、ステントを挿入できた殆どの症例で、術翌日には眼圧下降効果が確認されています。

当院の手術では、ステントを挿入できた全ての症例で、術翌日には眼圧下降効果が確認されています。このため、当院では原則として、手術翌日から緑内障治療薬を一時的に減量もしくは中断し、その後の眼圧を確認しながら必要に応じて点眼を再開するようにしています。
白内障手術前に緑内障治療を行っていた患者さんの場合、手術後の炎症の影響や、術後に使用する点眼の作用で眼圧が高くなることがありますが、ステントの挿入を併用することによりこの様な合併症を抑えることが可能になりました。

Q この手術の合併症は心配ないですか?

A ステントを挿入する手術では、眼内の出血が最大の合併症となります。また、通常の白内障手術で生ずる合併症はすべて、この手術でも発生する可能性があるとご理解ください。


眼内でステントを挿入する部位であるシュレム管には血液が流れているため、ステント挿入時の眼内出血は必ず起こります。しかし、線維柱帯を大きく切開する従来の流出路再建術と比べればその出血量は少なく、殆どの症例で手術の翌日には手術中の出血が吸収されてしまいます。
また、ステントの挿入が完了すると直ぐに眼内圧を低下させる作用が始まり、効果が発揮され、眼圧が正常化されます。このため、ほかの緑内障手術で起こり易い術後の低眼圧や高眼圧のような合併症が生じにくいという特徴もあります。

Q 再発は起こらないのですか?

A シュレム管を切開する流出路再建術では傷を修復しようとする反応が起こります。この反応が強く起これば、効果が減弱したり、再発する可能性があります。
iStentは、シュレム管を切開せずにシュレム管に挿入し、バイパス機能を強化する方法ですので、癒着のために効果が落ち、再発する可能性は流出路再建術よりも低いと言うことができます。
最近の調査結果では、iStent の効果が長期経過後に不十分になったと言う報告や、ドレーンを複数使用する方が効果が維持できるのではないか(日本では1本だけ挿入する治療法しか認められていません)などの意見もあります。

Q 手術時間は長くかかりますか?

A 当然ですが、水晶体再建術の単独手術の場合と比べて、この手術の方が手術時間は長くなります。通常は、10〜15分程度手術時間が延長します。

Q 白内障手術を行っている医療機関ならばどこでも受けられる手術ですか?

A iStent を安全に挿入するするためには特殊な技術が必要です。このため、この器具を購入するためには、専門講習を受けた上で、ウエットラボと呼ばれる実技講習を受け、更にステントの販売会社の担当者が、実際の手術に立ち会い、医師の技術水準が一定に達したことを確認した後にすべてのトレーニングを受講したという修了証が発行されます。従ってこれらのトレーニングを受講した医師のいる特定の医療機関でしか受けることができません。

近藤眼科グループの中では、理事長の近藤義之医師がこの治療のためのトレーニングを受講、修了証を取得しており、執刀を担当いたします。

 

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
ICL適応検査費用 無料
ICL 手術料金
ICL乱視なしlowジオプター(-3.00D〜-8.50D)両眼¥500,000+税
ICL乱視なしhighジオプター(-9.00D〜-18.00D)両眼¥600,000+税
ICL乱視ありlowジオプター(-3.00D~-8.50D)両眼¥540,000+税
ICL乱視ありhighジオプター(-9.00D~-18.00D)両眼¥640,000+税
※上記規格外のレンズの場合は上記金額に別途¥70,000円プラスとなります。
※片眼の場合は半額となります。
※自由診療のため、健康保険は適用されません。
LASIKレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥200,000+税
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術片眼¥200,000+税
 タッチアップレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥150,000+税
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税

  1. 1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税
    両眼)120,000円+消費税

  2. オルソ作成後の2ヶ月目よりの検診費 毎回5,000円+消費税

  3. 一年半後、レンズ再作成時費用 検査費 7,000円+消費税
    レンズ費1枚 25,000円+消費税

  4. オルソ作成後1ヵ月目検診時にオルソ治療継続希望なしの場合は返金いたします。
    返金金額:片眼)25,000円+消費税
    両眼)50,000円+消費税
    ※一度、度数交換、破損交換していても30日以内はレンズ返品可能。返金時、オルソレンズをお持ち頂きます。

  5. 処方交換(度数やカーブ等の変更)
    処方日より45日以内は1枚につき1回無料。

  6. 紛失、破損時のレンズ費用
    ・紛失の場合 1枚 25,000円+消費税
    ・破損の場合 1回目 10,000円+消費税
    2回目 25,000円+消費税

  7. 詳細は以下のリンク先でご確認ください
    オルソケラトロジー価格表
         
低濃度アトロピン点眼検査費用 3千円+税
低濃度アトロピン点眼 薬費用 1本¥2,500+税
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディフラックスなし片眼¥300,000
フラックスあり片眼¥450,000
フラックスなし両眼¥600,000
フラックスあり両眼¥800,000
( 税別で表示しています)

術前検査費用 5万円
乱視レンズの場合、約300€の
差額が発生します ※海外製品のため
ICRS術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000+税

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。