白内障

項目を選択してください

プレミアム白内障手術

プレミアム白内障手術とは

八王子友愛眼科では2018年9月より、フェムトセカンドレーザー白内障手術装置を導入し、患者さまの眼の状態に応じてカスタマイズされたプレミアム白内障手術※を提供しております。

プレミアム白内障手術は、コンピューター制御のフェムトセカンドレーザー白内障手術装置を用いて、白内障手術の前処置を行なう手術です。
高い精度の水晶体嚢切開・ストレスの少ない水晶体吸引、が可能になり、見え方の質の向上、目の負担の軽減、合併症リスクの低減に繋がります。

※「プレミアム白内障手術」は、フェムトセカンドレーザー白内障手術装置の製造会社の提唱する呼称であり、他の手術法と比較した優位性を意味するものではありません。

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置について

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置は、コンピューター制御でフェムトセカンドレーザーの照射を行う装置です。
内蔵された前眼部OCTという計測装置で、角膜・水晶体・虹彩などの形状や位置を高速度で計測し、患者さま個人の立体的な眼球データを作成します。
術者はこのデータを元に手術プランを立てて、レーザーを照射します。

フェムトセカンドレーザー白内障手術装置
フェムトセカンドレーザー白内障手術装置

レーザー照射後は、通常の白内障手術と同様に目の周りの消毒を行ない、手術室に移動して、水晶体の吸引と眼内レンズの挿入を行います。

高い精度の追求

従来の白内障手術では、その成否は術者の技量と眼の状態に左右され、患者さまの状態によって体や眼の動きが大きく、正確な前嚢切開が難しい場合もあります。

プレミアム白内障手術では、誤差の出やすい前嚢切開や角膜の切開を自動化することができ、患者さまの負担を軽減しながらミクロン単位の精度を追求することが可能です。

前嚢切開

レーザーを使用して真円に思い通り位置で前嚢を切開できます

目の負担を軽減

硬い水晶体核を分割する操作は水晶体に対して最も負荷が掛かる場面で、慎重な操作が求められます。

レーザー装置を用いて手術前に核を分割・細分化すれば、その負担は非常に軽くなります。

細分化された核は、柔らかい核の場合と同様に、超音波手術でのストレスを激減し手術の安全性を高めます。

水晶体核を分割

プレミアム白内障手術の適応・不適応について

プレミアム白内障手術には、適応・不適応の診断が必要です。

適応
  • 多焦点眼内レンズを挿入される方
  • 水晶体の核が非常に硬い、水晶体を支える組織が弱い等、極めて慎重な手術操作が必要と判断される方
  • 角膜内皮細胞が少ない方
不適応
  • 瞳を開くための点眼薬をいくら点眼しても、瞳の開きが不十分な方
  • 瞼を大きく開くことができない方(目を固定するリングがのせられないため)

プレミアム白内障手術のデメリットについて

  • レーザー照射後は、別室に移動して手術の続きを行う必要があるため、その分、多少お時間が掛かります。
  • 目を固定するリング(サクションリング)を結膜に吸着させますが、その際、白目が微量の出血で赤くなる可能性があります。仮に出血で赤くなっても、数日で治り、手術自体の結果には何ら影響はありませんのでご安心ください。

よくある質問

白内障手術後の視力には問題ないのですが、視界の外側の端に三日月状と言うか弧状の黒っぽいものが見えます。これは異常ではないですか?

A.手術が問題なく施行されているものとして回答させていただきます。結論から言うと、その症状は異常ではありません。

遠視のために遠近両用の眼鏡をかけています。片目の白内障手術が決まっています。手術を受ければ、裸眼で良く見えるようになりますよ、と言われています。 反対の眼は手術しなくてもよいのでしょうか?

A.良い方の眼の裸眼視力によって対応が異なります。遠視の方は、手術に際して、原則として遠方が見える様に合わせます。従って、裸眼視力が良くなります。手術しない眼の裸眼視力によっては、左右のバランスが悪くなる場合があります。

白内障手術を受けるのですが、現在、遠視で遠近両用の眼鏡を一日中かけています。せっかくの機会なので、手術後にできるだけ眼鏡をかけないで済むようにしたいのですが、どうしたら良いですか?

A. 白内障手術の際に遠方が見えるように合わせる事をお勧めします。遠視の方は、遠方にも眼鏡が必要で、さらに老眼鏡も必要なので、常に眼鏡をかける必要があります。

私は近視で眼鏡をかけていますが、白内障手術を受けることになりました。近視の人は手術の時に近視を残すようにした方がいいと言われました。裸眼で遠くが見えるようにしたいのですが可能ですか?

A. 近視の方も、両眼とも手術を受ける予定であれば、遠方が見えるようにする事ができます。

白内障の手術後にかなりの左右差があり、レーシック( LASIK )で治せると言われましたが、詳しく教えてください。

A. 左右の屈折度数(近視や遠視補正のための眼鏡レンズの度数 )が大き過ぎると、網膜に映る画像の大きさが違い過ぎて、眼鏡での補正ができないとか、目が疲れるなどの障害が発生することがあります。これを不同視(ふどうし )と言います。

みるみるネット
ISEE治療

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカルグループ All Rights Reserved.