多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズは、濁った水晶体と置き換えるために使用される人工レンズの一種です。このレンズは複数の焦点距離を持つため、遠くのものと近くのものの両方を眼鏡なしで見ることができるようになります。
とはいえ、遠くから近くまですべての距離がクリアに見えるわけではありません。眼内レンズでカバーできない焦点距離に関しては眼鏡でのピント補正が必要になります。
“完全に眼鏡が必要なくなる”ということではなく、あくまで“眼鏡をかける頻度を減らせる”レンズであるということをご理解ください。

多焦点眼内レンズには、以下のような種類があります。

2焦点眼内レンズ:遠くのものと近くのものの2つの焦点距離を持ちます。
3焦点眼内レンズ:遠くのもの、中間距離のもの、近くのものの3つの焦点距離を持ちます。

多焦点眼内レンズは、単焦点眼内レンズに比べて眼鏡を使う頻度が格段に減るため、日常生活をより快適に過ごしたいとお考えの方にはおすすめのレンズです。 しかし、以下のような欠点もあります。

1.術後の見え方に慣れるまでに数週間から数ヶ月かかることがある。
2.夜間にライトなどを見た際、光の反射が発生する場合がある。
3.単焦点眼内レンズに比べると、コントラスト感度がやや劣る。
4.手術費用が高い。(参考:『多焦点眼内レンズでの手術について』)

多焦点眼内レンズを選択するかどうかは、患者様の個々の状況に応じて決定されます。
当院では、患者様の術後の生活をより良いものにするために、アンケートを取りながらしっかりとお話を伺っています。何か心配なことや気になることがありましたら、どうぞ遠慮なくご相談ください。

多焦点眼内レンズはこんな方におすすめです

  • 白内障以外に目の疾患がない
  • 老眼で困っている
  • 眼鏡の使用頻度を減らしたい
  • 運転やスポーツなどで複数の距離を同時に見ることが多い
  • おおらかなタイプ

目の状態や生活スタイル、もしくはご本人の性格や価値観などにより、多焦点眼内レンズにあまり向かない方もいらっしゃいます。以下のような方は、術前に医師とよく相談しましょう。

  • 白内障以外に目の疾患がある(緑内障や網膜の病気など)
  • 夜間の運転が多い
  • 絵画や写真など、色のコントラストに関わる仕事や趣味をもっている
  • 「この距離は絶対に裸眼で見たい!」など、焦点距離に強いこだわりがある
  • 神経質で細かいことが気になるタイプ

当院で採用している多焦点眼内レンズ

TECNIS Synergy(テクニスシナジー)AMO社製
  • 遠くから近くまで切れ目なく見える
  • 特に近くがしっかり見えるレンズです
  • レンズ自体の濁りや術後の後発白内障の発生を抑える設計
焦点の特性 連続焦点型
乱視対応
ハロー・グレア ※ あり
読書・携帯電話
パソコン
ゴルフ
夜間運転 △(光が放射状に広がって見える“スターバースト”を感じることもあります)

※ハロー・グレアとは、夜間に光がにじんだり、まぶしく見える症状のことです。

Clareon PanOptix(クラレオンパンオプティクス)日本アルコン社製
  • 高い光利用率(88%)により、遠方・中間・近方のすべての距離において鮮明な視覚を提供
  • 国内で多くの使用実績あり(選定療養の対象として認可されています)
  • 新素材の採用で、従来のPan Optixよりも高い透明性を実現
焦点の特性 遠・中・近 3焦点
乱視対応
ハロー・グレア ※ あり
読書・携帯電話
パソコン
ゴルフ
夜間運転

※ハロー・グレアとは、夜間に光がにじんだり、まぶしく見える症状のことです。

Clareon Vivity(クラレオンビビティ)日本アルコン社製
  • 独自のテクノロジーによるレンズ設計
  • 多焦点眼内レンズの弱点である「コントラスト感度低下」「ハロー・グレア」を抑制
  • 選定療養の対象として認可されています
焦点の特性 焦点深度拡張型
乱視対応 ×
ハロー・グレア ※ ほぼなし
読書・携帯電話
パソコン
ゴルフ
夜間運転

※ハロー・グレアとは、夜間に光がにじんだり、まぶしく見える症状のことです。

多焦点眼内レンズでの手術について

多焦点眼内レンズを使った手術には、レンズ代金や検査費用など一連の手術費用すべてが自己負担となる自由診療と、レンズ代金のみ自己負担しそれ以外の費用は保険適用となる選定療養があります。
当院では、見え方のご希望などをよく伺ったうえで、どちらの制度で手術を受けるかお選びいただいています。

診察、手術、
検査、お薬代
レンズ代金 フェムトセカンドレーザーの使用
自由診療(保険適用外) 自費
選定療養 健康保険(1~3割) 自費 ×

レンズ代金含めすべて保険適用で手術をご希望の場合は、多焦点眼内レンズは選択できません。単焦点眼内レンズでの手術となります。

自由診療

使用可能なレンズ:TECNIS Synergy、Clareon PanOptix、Clareon Vivity
使用する機器:V-Lynk(ブイリンク) フェムトセカンドレーザー

フェムトセカンドレーザーを使用する『FLACS』というシステムで手術を行います。
プレミアム白内障手術

選定療養

使用可能なレンズ:Clareon PanOptix、Clareon Vivity
使用する機器:V-Lynk(ブイリンク)

フェムトセカンドレーザーは使用できません。

※選定療養とは
追加費用を負担することにより、保険適用の治療と保険適用外の治療を併せて受けることができる制度です。
2020年4月から、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は選定療養の対象となりました。
この制度を利用して手術を受ける場合、診察・手術・検査・お薬代については通常通り健康保険(1〜3割負担)を使用することができ、レンズ代金のみ自己負担となります。


多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズの特徴・取扱レンズなどについて動画にてご紹介しています。
詳細についてはこちらからご覧ください。

白内障のよくある質問

多焦点眼内レンズは保険適用ですか?

多焦点眼内レンズは高額医療費(高額療養費)制度の対象になりますか?

白内障手術後の視力には問題ないのですが、視界の外側の端に三日月状と言うか弧状の黒っぽいものが見えます。これは異常ではないですか?

A.手術が問題なく施行されているものとして回答させていただきます。結論から言うと、その症状は異常ではありません。

遠視のために遠近両用の眼鏡をかけています。片目の白内障手術が決まっています。手術を受ければ、裸眼で良く見えるようになりますよ、と言われています。 反対の眼は手術しなくてもよいのでしょうか?

A.良い方の眼の裸眼視力によって対応が異なります。遠視の方は、手術に際して、原則として遠方が見える様に合わせます。従って、裸眼視力が良くなります。手術しない眼の裸眼視力によっては、左右のバランスが悪くなる場合があります。

白内障手術を受けるのですが、現在、遠視で遠近両用の眼鏡を一日中かけています。せっかくの機会なので、手術後にできるだけ眼鏡をかけないで済むようにしたいのですが、どうしたら良いですか?

A. 白内障手術の際に遠方が見えるように合わせる事をお勧めします。遠視の方は、遠方にも眼鏡が必要で、さらに老眼鏡も必要なので、常に眼鏡をかける必要があります。

私は近視で眼鏡をかけていますが、白内障手術を受けることになりました。近視の人は手術の時に近視を残すようにした方がいいと言われました。裸眼で遠くが見えるようにしたいのですが可能ですか?

A. 近視の方も、両眼とも手術を受ける予定であれば、遠方が見えるようにする事ができます。

白内障の手術後にかなりの左右差があり、レーシック( LASIK )で治せると言われましたが、詳しく教えてください。

A. 左右の屈折度数(近視や遠視補正のための眼鏡レンズの度数 )が大き過ぎると、網膜に映る画像の大きさが違い過ぎて、眼鏡での補正ができないとか、目が疲れるなどの障害が発生することがあります。これを不同視(ふどうし )と言います。

目のレーザー治療の副作用を教えてください。

白内障があると言われていますが、ICLは受けられますか?

A.ごく軽度な白内障であれば受けられる場合もあります。

ICLを入れたあとに白内障になったらどうすればいいですか?

A.ICLの術後に発症する白内障の多くは、加齢により自然に発症するものですが、稀にICLに起因する水晶体の白濁が認められる場合もあります。どちらの場合も、ICLを取り出して白内障手術をおこなうことで、視力を改善させることができます。

白内障手術の眼内レンズはどのように選んだらいいでしょうか。

ご自身のライフスタイルをよく見極めて眼内レンズを選択いただくのが大切です。

Biz
みるみるネット
ISEE治療
安心LASIK

Copyright © 2021 (医) インフィニティメディカル All Rights Reserved.