近視の人がレーシック( LASIK )を受けると老眼が進むと言うのは本当ですか?

2015年5月17日

Q 近視の人がレーシックを受けると老眼が進むと言うのは本当ですか?

A 老眼は水晶体のピント調節力が低下すり加齢現象で、性別や遠視や近視などの屈折異常とは関係なく、老眼年齢になると始まってきます。しかし、近視で眼鏡をかけている方が老眼になってきても、眼鏡なしで手元が見えるので、あまり不自由を感じません。近視と老眼がある方は、近視のために老眼が打ち消され、隠されてしまうので、眼鏡を外せば手元の字を読む事ができるからです。

しかし、眼鏡やコンタクトレンズなどの視力補正用具やレーシックなどの近視矯正手術を受ければ、老眼に対する補正効果がなくなりますので、今まで隠されていた老眼の症状が出てきてしまうのです。

老眼の発症年齢にはかなり個人差がありますので、一概には言えませんが、40台後半の方が近視を補正すると老眼の症状を急に感じることになります。ですから、レーシックなどの矯正手術後に近視の眼鏡は必要なくなりますが、老眼鏡が必要になる可能性が高いのです。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

Facebook

twitter