プレミアム白内障手術では乱視の矯正も可能?

フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術のメリットについて

乱視補正
ー角膜実質切開の機能を使う事で乱視を抑える事が可能ー

フェムトセカンドレーザーを使ったプレミアム白内障手術では、レーザーの照射の際に角膜を切開する機能があります。この機能を使って手術の際に発生する乱視を抑制したり、積極的に乱視を軽減することができます。

健康保険で行う白内障手術の際に乱視を補正するには、トーリック眼内レンズ( 乱視を矯正する度数が加入されたレンズ )を使う方法と角膜に切開を加えて矯正する方法があります。切開には、角膜弧状切開法があります。これはメスで、角膜を浅く切開し、乱視を矯正する方法ですが、メスで行う場合には角膜の表面に傷をつける必要があるので、術後に感染をおこさないようにする注意が必要です。

一方、フェムトセカンドレーザーを使用するプレミアム白内障手術では、角膜の切開を自由なデザインで行うことができます。フェムトセカンドレーザーの角膜切開を応用すると、角膜の内部(実質)に表面とつながらない弧状の切開を作ることができます。これを角膜実質内弧状切開(AI:arcuate incision)といいます。
フェムトセカンドレーザーで作成したAIは角膜表面へ切り上げない角膜内部の切開なので、感染の危険性がありません。この矯正法で矯正できるのは、1.5ディオプター以内の乱視とされていますので、強度の乱視補正はできませんが、乱視補正眼内レンズであるトーリック眼内レンズと併用することで乱視を最大限に減らし、術後の良好な視力を得ることが期待されます。

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください