重要なお知らせ

眼科ドックについて Q ドライアイや緑内障などの病気を早期発見するため、40歳を過ぎたら眼科ドックを受けた方がいいと言う記事を読みました。この様な検査はどこの眼科でも受けられるのですか?

2015年7月12日

眼科ドックについて
Q ドライアイや緑内障などの病気を早期発見するため、40歳を過ぎたら眼科ドックを受けた方がいいと言う記事を読みました。この様な検査はどこの眼科でも受けられるのですか?

A 眼科の専門ドックについては、どこの眼科でも実施している訳ではありませんし、眼科ドックを標榜している病院はまだ、数多くありません。

しかし、自費診療になってしまいますが(全く健康で自覚症状がない方は、健康診断のために健康保険を使用する事はできない仕組みです )眼科ドックで行われるのと同じような検査は眼科でも受ける事ができます。

また、眼科的な自覚症状がある方は、その症状に応じて、健康保険を利用して、眼科ドックと同じ様な内容の検査を受ける事が可能ですので、眼科に問い合わせしてみてはいかがでしょうか? 費用は、検査の内容によって異なる場合がありますが、初診時の診察料を含めて、3割自己負担の場合、5000円程度ですみます。また、保険診療で異常が発見された場合、そのまま当日から治療を開始できるメリットがあります。

40歳以上という年齢に限らず、次の様な症状があれば、緑内障やドライアイ、加齢黄斑変性など、目の成人病の検査を受ける事が可能です。
1 眼の霞みや視力低下
2 眼の乾きや疲労感
3 飛蚊症や視界の中の暗点
4 涙目や慢性的な目やに
5 視力の左右差
6 物が歪んで見える
7 老眼の症状( 離せばみえるなど)

1 眼の霞みや視力低下は、白内障や緑内障、老眼や近視など、様々な病気の可能性があります。

2 眼の疲れは様々な原因で起こります。また、乾燥感はドライアイの可能性が高いと言えます。

3 視界の中に邪魔な物が浮遊して見える飛蚊症や視界の中の暗点などは眼球内部の異常や緑内障、加齢黄斑変性の可能性があります。

4 涙目や慢性的な目やにがある方の中には、ドライアイが原因である場合もあり、また、慢性的な結膜炎や涙液の通過障害の場合があります。

5 視力の左右差は遠視や近視などの屈折が大部分ですが、他にも白内障、加齢黄斑変性などの病気が引き起こす事があります。

6 物が歪んで見えると言う症状は、眼底の中心部分に歪みが発生して起こります。加齢黄斑変性の他にも眼底出血や網膜の線維症などの可能性があります。

7 40代半ば以降の方が手元を見る時に不自由を感じるのは、老眼の影響ですが、急激に起こった場合や、老眼年齢よりも早い時期に起こった場合には調節異常を起こす病気を調べる必要があります。

価格表

自費診療費用についての価格表です。
1万円以上のお支払いには受付でクレジットカードのご利用が可能です。
ICL適応検査費用 無料
ICL 手術料金
ICL乱視なしlowジオプター(-3.00D〜-8.50D)両眼¥500,000+税
ICL乱視なしhighジオプター(-9.00D〜-18.00D)両眼¥600,000+税
ICL乱視ありlowジオプター(-3.00D~-8.50D)両眼¥540,000+税
ICL乱視ありhighジオプター(-9.00D~-18.00D)両眼¥640,000+税
※上記規格外のレンズの場合は上記金額に別途¥70,000円プラスとなります。
※片眼の場合は半額となります。
※自由診療のため、健康保険は適用されません。
LASIKレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥200,000+税
 他院で施行されたレーシックレーシックの追加手術片眼¥200,000+税
 タッチアップレーシック術前検査費用 ¥5,000+税
片眼¥150,000+税
オルソケラトロジー
※対象年齢10歳以上
1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税

  1. 1ヶ月プログラム費用 片眼) 60,000円+消費税
    両眼)120,000円+消費税

  2. オルソ作成後の2ヶ月目よりの検診費 毎回5,000円+消費税

  3. 一年半後、レンズ再作成時費用 検査費 7,000円+消費税
    レンズ費1枚 25,000円+消費税

  4. オルソ作成後1ヵ月目検診時にオルソ治療継続希望なしの場合は返金いたします。
    返金金額:片眼)25,000円+消費税
    両眼)50,000円+消費税
    ※一度、度数交換、破損交換していても30日以内はレンズ返品可能。返金時、オルソレンズをお持ち頂きます。

  5. 処方交換(度数やカーブ等の変更)
    処方日より45日以内は1枚につき1回無料。

  6. 紛失、破損時のレンズ費用
    ・紛失の場合 1枚 25,000円+消費税
    ・破損の場合 1回目 10,000円+消費税
    2回目 25,000円+消費税

  7. 詳細は以下のリンク先でご確認ください
    オルソケラトロジー価格表
         
低濃度アトロピン点眼検査費用 3千円+税
低濃度アトロピン点眼 薬費用 1本¥2,500+税
自費多焦点眼内レンズミニウェルレディフラックスなし片眼¥300,000
フラックスあり片眼¥450,000
フラックスなし両眼¥600,000
フラックスあり両眼¥800,000
( 税別で表示しています)

術前検査費用 5万円
乱視レンズの場合、約300€の
差額が発生します ※海外製品のため
ICRS術前検査費用 無料
片眼 ¥450,000+税

LINE@

友だち追加数
近藤眼科本院LINE@ぜひ友達追加お願いします。
友だち追加数
Optico LINE@

お問合せ

お問い合わせはお気軽に、下記ボタンのリンク先、入力フォームよりご連絡ください
※24時間メールは受付、返信は診療時間内にお返します。電話は診療時間内のみ受付です。返信したメールが迷惑メールと認識されることもあるようです。必ずお返事いたしますので、迷惑メールボックス等の確認もよろしくお願いします。
予約に関するご連絡は基本的に7日先の予約のみをお受け致しております。近日の予約につきましては、診療時間内にお電話をいただきますようおねがいします。